終活広告

終活をはじめる方と終活サービスをおつなぎする「終活広告」

人生の最期について考える終活講座・多摩市

2019/08/03

終活健幸サポート多摩・永山公民館共催
市民企画講座

もしばなゲーム_06

お詫び・お断り
もしものための話し合い =「もしバナ」。
講師の説明にそって4人1組で「もしバナゲーム」をやります。
ゲームを通じて、人生の最期はどこで過ごし、どうありたいか、自分の価値観、本当に大切な事について考え、話し合ってみる講座です。
これからを、より充実して過ごすための様々な気づきが得られる人気講座です。
ぜひ、ご夫婦、親子、お友達と一緒にご参加ください。

もしばなゲーム_01

縁起でもない話を、もっと身近に。
「もしバナゲーム」で、人生で大切なことを見つめてみませんか。

もしばなゲーム_05

講座概要

関戸公民館 8階
第一学習室

関戸公民館

多摩市関戸4-72
ヴィータ・コミューネ 8階
聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩約2分

<地図>

定 員:40名さま(先着順受付)
参加費:500円(受付でお支払いください。)
※お釣りのないようにご用意いただけますと助かります。

*本講座は完全ご予約制です*

参加お申込みは下のフォームからお願いします。

講師ご紹介

終活カウンセラー・中田美紀

看護師・終活カウンセラー
中田 美紀

医療・介護の現場を知る看護師ならではの目線で、人生の最期をどのように過ごすか、最期まで自分らしくあるための準備をどうするか、終活との向き合い方を日々模索。マネジメント業務の最前線で活躍するかたわら、終活の啓蒙・講演活動を行っている現場学・実務派終活カウンセラー。

もしバナゲームとは?

もしバナゲーム

1人でも、2人でも、またもっと多くの人数でもゲームをすることができます。
本講座では、4人1組で行います。ひとりに5枚のカードを配ります。カードは全部で36枚あり、それぞれのカードに重病のときや死の間際に「大事なこと」として人 がよく口にする言葉が書いてあります。たとえば、「どのようにケアして欲しいか」、「誰にそばにいて欲しいか」、そして「自分にとって何が大事か」などの内容です。

5枚のカードの内容の中で、大切だと思うこと、大切とは思わないことを取捨選択して、自分自身が大切にしていることに優先順位を付け、その思考のプロセスを言葉にして、それをグループで話し合います。
自己の内面を見つめながら、他のプレイヤーの価値観に触れることで、1人では得られない新たな気づきを得ることができます。

参加お申込みフィーム

必要事項をご入力の上お申込みください。

チェックを入れてください。

7/31 終活講座(もしばなゲーム)に参加する

参加人数(2名さま以上でお申込みの際は、「ご連絡欄」に全員のお名前をご記入ください。)

■ ご連絡・その他のお問い合わせ・ご質問は下記にお願いします。

■ 個人情報保護方針
お預かりする個人情報は、お問合せ内容への回答以外の目的で使用することはありません。第三者への提供、漏洩、紛失などが無いよう、情報の管理には細心の注意を払い適切に取り扱います。

-イベント, 終活
-,